H600Series IP Camera

H600シリーズIPカメラ

新IPカメラ(H600シリーズ) 製品ラインナップ

H600シリーズIPカメラ取付プラケットはこちら
H600シリーズIPカメラ推奨のPoE Switch (HUB)はこちら
※はお取り寄せ品となります。ICSD-H667-5

IndoorDome (屋内専用)
  ICD-H662-5F (5.0MP)
  ICD-H662-2F (2.0MP)  ICD-H662-8F (8.0MP/4K)
  機器仕様書

Dome
  ICD-H662-5M (5.0MP)
  ICD-H662-2M (2.0MP)  ICD-H662-8M (8.0MP/4K)
  機器仕様書

Vandal Dome
  ICVD-H663-5F (5.0MP)
  ICVD-H663-2F (2.0MP)
  機器仕様書

 

  ICVD-H663-5M (5.0MP)
  ICVD-H663-2M (2.0MP)
  機器仕様書

Bullet
  ICI-H664-5F (5.0MP)
  ICI-H664-2F (2.0MP)  ICI-H664-8F (8.0MP/4K)
  機器仕様書

 

  ICI-H664-5M (5.0MP)
  ICI-H664-2M (2.0MP)
  機器仕様書

ICI-H664-Fモデル

ICI-H664-Mモデル

4K Bullet Pro
  ICI-H665-8M (8.0MP/4K)
  機器仕様書

180度パノラマ
  ICS-H618-5 (5.0MP)
  ICS-H618-8 (8.0MP/4K)
  
機器仕様書

FishEYE(全方位360度パノラマ)
  ICS-H636-5 (5.0MP)
  ICS-H636-12 (12MP)
  
機器仕様書

PTZ Dome
  ICSD-H666-5 (5.0MP)  仕様書
  ICSD-H666-2 (2.0MP)
  機器仕様書

PTZ Bullet
  ICSD-H667-5 (5.0MP)  仕様書
  ICSD-H667-2 (2.0MP)
  機器仕様書

 

H600シリーズ  IPカメラの主な特徴

高感度レンズ

対応カメラ:全カメラ対応

 

これまでのバリフォーカルレンズの場合、カメラ設置後ズーム(倍率)やフォーカス(ピント)を調整する為、カメラを開けて直接レンズを回して調整して来ましたが、カメラを開ける事により精密部分が外気に触れる事により湿気や誇りが侵入したり、レンズに触れたり、コーディングにギズを与へカメラの機能 耐久性 寿命に大きな影響与えたり、不具合やトラブルの下になっていました。最近ではIPカメラは開けないが世界的にも一般的となっている為、H600シリーズより本体を開けての調整は一切行えないような設計となりました。
その為H600シリーズでは、単固定集点レンズ”F”(Fixed Lens)、可変レンズ”M”(Motorized Lens)またはAF Lensを使用しています。
単固定集点レンズ”F”(Fixed Lens)
ズーム及びフォーカスの調整の必要が無く、被写体によってフォーカスがずれたりする事も無く作業手間が緩和される。また故障率も消費電力も低い。その為可変レンズカメラに比べ価格を押さえる事が出来る。
可変レンズ”M”(Motorized Lens)またはAF Llens
ズーム及びフォーカス調整をPCまたはモバイル端末からPTZ操作で行う事が出来ます。
Motorized Lensでは約2秒〜3秒、AF Lensでは約1秒のズーム速度となり、フォーカスパフォーマンス(ピントの合い方)もMotorized Lensに比べAF Lensの方が性能が高くなります。
Motorized Lens/AF Lens共に電動で動く仕様の為、Fixed Lensに比べ消費電力が高く、使用頻度によっては多少故障率が上がります。
価格面ではFixed Lensが最も安価となり、次いでMotorized Lens。性能性質的に最も高いAF Lensが高価となります。

 

ICI-H664-5M  可変レンズ(Motorized Lens)を使用した場合の最大ズーム (光学3倍)

ズームアウト  2.7mm(D84°/V62°)

ズームイン  13.5mm (D30°V22°)

 

ICSD-H667-5  可変レンズ(AF Lens)を使用した場合の最大ズーム  (光学12倍)

ズームアウト  5.3mm(D57°/V44°)

ズームイン  64mm (D4°V1°)

 

 

 

 

 

 

録画装置(レコーダー)との接続

対応カメラ:全カメラ対応

 

H600シリーズIPカメラは、カメラ単体での利用、純正のMSI-NP及びNシリーズNVRへ接続しての使用、弊社取り扱いの他の録画装置(HVR/NVR)に接続しての利用が可能です。
P&P接続
H600シリーズIPカメラ純正のNVR(MSI-NPシリーズ)及びIRV-HD9000シリーズに備わった機能です。カメラをレコーダーのP&Pポートに接続するだけでカメラの設定はもちろんレコーダーの設定も自動で行い、カメラ接続後は映像が映し出されるのを待つだけの簡単接続です。カメラを接続して映像が映し出されるまで約1分〜3分程度時間がかかり、その間カメラを取り外したり電源を切ったりする事は出来ません。MSI-NP及びIRV-HD9000シリーズのP&PポートはPoE電源対応の為、接続するだけでカメラへ電源を供給しますが、カメラとレコーダーを1本の100m以内のLANケーブルで1対1で接続しなければいけません。途中にHUBやSwitchなどのネットワーク機器を入れる事は出来ません。
ネットワーク接続
全てのレコーダーに対応した一般的な接続手段で、カメラの設定及びレコーダーへの登録は手動で行います。既存のネットワーク網を利用したカメラ導入が出来ます。ネットワークポートはPoE非対応の為、PoE給電装置(PoE HUB/PoE Switch)などが別に必要となります。H600シリーズIPカメラ側にはカメラポート接続用の設定が事前に必要となります。
カメラポート接続
IRV-HV8000及びHD9000シリーズにのみ備わった接続方法。カメラの設定は自動で行うがレコーダーへの登録は手動。ネットワークポートとは別のEtherneポートを利用する為、ネットワークにかける負担が少ない。カメラポートはPoE非対応の為、PoE給電装置(PoE HUB/PoE Switch)などが別に必要となります。H600シリーズIPカメラ側にはネットワークポート接続用の設定が事前に必要となります。

 

 

 

 

 

 

最先端のH.265 +圧縮

対応カメラ:全カメラ対応

 

解像度も画質も低下させる事無く、従来のH.264に比べH.265+はビットレートにして約1/5、
ストレージ容量にして約1/4の画像圧縮効果を実現

 

 

 

 

 

 

IP66/IP67/IK10対応

対応カメラ
IP66対応:ICSD-H666、ICSD-H667
IP67対応:ICD-H662、ICVD-H663、ICI-H664、ICI-H665、ICS-H618、ICS-H636
IK10対応:ICD-H662、ICVD-H663、ICI-H664、ICS-H618、ICS-H636

 

IEC(国際電気標準会議)及びJIS(日本工業規格)では、機器内への異物の侵入に対する保護の等級を以下のように定めており、本機はいずれかまたは全ての基準を満たしており、過酷な環境でも安心してご利用頂けます。
※防水性能、防塵性能及び耐衝撃性能は、カメラを正しい位置に専用の工具並びに部材・機材を用い、正しい工法と手段で設置された場合にのみ有効となります。

 

防水性・防塵性 (IP)
  防水性:水の侵入に対する保護等級「0〜6」
        「6」耐塵形:粉塵が内部に侵入しない
  防塵性:人体及び固形物に対する保護等級「0〜8」
        「6」暴噴流に対する保護:いかなる方向からの暴噴流の水によっても有害な影響をうけない
        「7」浸漬に対する保護:規定の圧力及び時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。
耐衝撃性 (IK):「IK10」40cmの高さから落ちる5kgの衝撃に耐える

 

 

 

 

 

 

最低照度 0.005Lux

対応カメラ:全カメラ対応

 

これまでのIPカメラでは暗い場所”での利用が苦手でしたが、本機では全シリーズで最低照度0.005Luxを実現
    これまでの弊社のIPカメラ = 0.01Lux
    新IPカメラ(H600シリーズ) = 0.005Lux
※最低照度の数値は、カメラの各種設定の最高値(限界値)での算出です。

 

 

 

 

 

 

Super WDR

対応カメラ:全カメラ対応

 

センサーベースのWDRテクノロジーにより、本機は極端なバックライトと高コントラストの条件下でも、より正確な色再現でシーンの詳細を記録。
最も明るい光信号値を最も暗い光信号値で割った比は最大で120dB

 

 

 

 

 

 

microSDカード録画

対応カメラ:全カメラ対応

 

本シリーズでは、カメラ内蔵ストレージとしてmicroSDXCカード(最大256GB Cat10 U1以上)1枚に対応。

 

録画可能時間(計算上の目安)
  ※microSDXCカード 256GBを利用した場合
◆カメラ及び録画条件
  5MP (2592x1944)@15fps 3000kbps、H.265+、24時間通常(連続)録画、被写体条件は除外した場合
  計算上の録画可能時間は約192時間(約8日)

 

※ IPカメラとSDカードの同時お求めの場合、弊社の出荷検査の段階で未使用未開封の  SDカードを本体に装着し検査を行い出荷となります。SDカードは開封してのお届けとなります。
※ SDカードは未開封のまま納品または、IPカメラのみのお求めをご希望される場合、SDカードと  IPカメラの動作適合性は保証対象外となります。
※ 本機からmicroSDカードを抜き取り、他のデバイスでの再生は出来ません。
※ microSDカードは消耗品です。正常に動作している場合でも定期的な交換と動作確認をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

Smart IR IIテクノロジー

対応カメラ:全カメラ対応

 

これまでのIR(赤外線)とは全く異なる新技術を採用!
これにより、アップグレードされたIR LEDにより、明るさが向上。
IR反射防止パネルを使用し、赤外線の透過率が大幅に向上。
新設計によりIRの乱反射を出来る限り緩和する事に成功

 

 

 

 

 

 

マイク内蔵モデル

対応カメラ:ICD-H662/ICVD-H663/ICS-H618/ICS-H636-12

 

カメラ内部に集音マイクを内蔵
カメラ設定により入力レベル(ボリューム)を調整
LANケーブル1本で音声を転送
※搭載されているマイクはコンデンサーマイクを利用した集音マイクです。急激な音源の変化による音域の変化や変動には即対応できません。

 

 

 

 

 

 

4K(3840 x 2160)ビデオ出力

対応カメラ:ICD-H662-8F/8M、ICI-H664-8M/8F、ICI-H665、ICS-H618-8

 

4K Bulletカメラ(ICI-H664-8M)は、30フレーム/秒(fps)で最大4K解像度(3840 * 2160)
事実上Full HDの4倍)を提供し、ユーザーに超高解像度のビデオ視聴体験を提供

 

 

 

 

 

 

インテリジェント白色LED

対応カメラ:ICSD-H667

 

15度の視野角で、夜間の補助光源および警告信号として白色LEDを発行。
スケジュールにより曜日、時間、明るさ、発光パターン(点灯/点滅)、点灯点滅時間などを設定。各種イベントのアクションとしての使用。
使い方によっては、センサーライトとカメラの一体型としての利用。

 

 

 

 

 

 

インサートデザイン設計

対応カメラ:ICD-H662-5M/8M、ICVD-H663

 

ICVD-H663 ICI-H664-5F/2F
ICD-H662-5M/2M/8M

ケーブルアウトモデル

ケーブルインモデル

 

 

 

 

 

 

音声双方向通話

対応カメラ:ICD-H662-5M/2M/8M、ICI-H664-8M、ICSD-H666、ICSD-H667、ICS-H636-12

 

カメラに接続 または内蔵された集音マイクでカメラ周囲の音声を拾い、遠隔地からスマホに向かって話声がカメラに接続されたスピーカーから流れる。電話で会話しているような感覚!音声双方向通話機能

※カメラにスピーカー (パワーアンプ内蔵) と集音マイクを別に取り付ける必要があります。ICD-H662-5Mは集音マイク内蔵モデル
※IPカメラ直接に遠隔接続した場合に音声双方向通話機能は利用できます。NVRでは非対応の為、NVR経由では利用できません。

 

 

 

 

 

 

広角(視野角)

対応カメラ:ICD-H662-5F/2F/8F、ICVD-H663、ICI-H664-5F/2F/8F、ICI-H665

 

超広角レンズを適用 水平視野角100度以上を確保

 

 

 

 

 

 

画像分析(VCA)

対応カメラ:全カメラ対応

 

10種類の検出モードを備えたビデオコンテンツ分析(VCA=スマートイベント)は、IPカメラの高度で包括的な監視機能とさまざまな監視シーンへの迅速な対応が可能。
VCAを利用する事でイベントを検知するスケジュール (1日3通り) を組み、ストレージへ静止画及び動画またはその両方の保存、FTPアップロード、メール送信(静止画添付)、HTTP通知などを設定。
※VCA機能の動作にはカメラの設置及び被写体条件、 本機の詳細なカメラとCVA設定が必要となり、またモーション検知機能による画像分析の為、絶対的な効果と結果をお約束するものではありません。動作には一定の条件が伴います。

 

エリア進入検知 (Region Entrance)
指定したエリアに人物が入った (進入) 際に検知
エリア離脱検知(Region Exiting)
指定したエリアから人物が出た (離脱) 際に検知
高度なモーション検知(Advanced Motion Detection)
従来の“動き検出するモーション検知”とは異なり、照明の変化、自然な木の動きなどの「ノイズ」を可能な限り取り除き通知する
妨害検知(What is Tamper Detection)
カメラが障害物で遮られたり移動した事を検知
境界横断(Line Crossing)
画像内の仮想線を横断する人や車両を検出し通知。仮想線は4本引く事が出来、横断方向をそれぞれA→B、B→A、A⇔Bと指定する事が可能。
人物検知(Human Detection)
被写体が人物(人間)であるかを判断し通知
徘徊検知(Loitering)
被写体が指定エリア内で指定した一定時間留まっている事を検知
置き去り/持ち去り検知(Object Left/Removed)
指定したエリア内に何かが残っている場合、持ち去り検知は指定したエリア内の被写体が無くなったことを検知
人物カウント(People Counting)
指定エリアに出入りする人数をカウント。画像内の仮想線を横断した物をINと判断し反対に通過した物をOUTとして判断しカウント

    In:右→左
    ut:左→右
    Capacity:Inの数からOutの数を引いた数(InとOutの差)
    Sum:Inの数にOutの数を加えた数(InとOutの和)

 

 

 

 

 

 

180パノラマ

対応カメラ:ICS-H618-5/8
サンプル動画
180度の水平カバー1つのセンサーのみで180度のパノラマ表示を実現これまで1室に、死角を無くす為、2台以上のカメラを設置・・・このカメラ1台でカメラの下まで映り込む為、死角0

昼 間

夜 間

アナログHDカメラ(水平110度)

ICS-H618(水平180度)

 

 

 

 

 

 

PTZ自動追尾

対応カメラ:ICSD-H666-5/2、ICSD-H667-5/8
サンプル動画

 

PTZ自動追尾機能は、自動的にパン/チルトを実行し、移動する被写体を追尾。
強力な光学ズーム機能により被写体の距離に応じてズームを柔軟に調整でき、ターゲットは常にフレームの中央に表示される為、重要な詳細が失われる事無く、スマートで信頼性の高いリアルタイムのビデオ監視を実現

 

 

 

 

 

 

360度 6種の表示パターン

対応カメラ:ICS-H636-5/12
サンプル動画

 

鮮明な高解像度・高画質の360度映像を出力。6種類の表示モードに対応。

FishEYE 360度パノラマ 180度パノラマ
4分割 FishEYE + 3分割 360度パノラマ + 3分割PTZ表示

 

 

 

 

 

 

Heat Map

対応カメラ:ICS-H618-5/8、ICS-H636-5/12

 

カメラで撮影される情報をHeat Map(可視化)する事で、一定の期間内(日/週/月/年)にどの場所にどれだけの人が滞在していたか、人の流れをデータ化し分析する事が出来ます。

 

例えばスーパーやイベント会場で、どの時間帯にどのエリア(売り場)に人が多く滞在していたかなど可視化またはデータ化し、陳列の参考や販売スケジュールを立てる事が出来ます。

 

データはカメラ本体内のRAMに保存。データー量により1か月以上保存する事も出来ますが、microSDカードを利用するともっと長い期間のデータを保持する事が出来ます。
ICS-H618及びICS-H636にはHaet Mat機能を標準装備。日/週/月/年毎に可視化/グラフ化またはデーター化し、CSVファイルとしてエクスポートし分析事が出来ます。

 

microSDカードは付属していません。映像データはHeat Mat情報としては保存されません。人の動き(時速約15km未満)に対応しています。車や自転車などのような早い動きのものでは正確なデータが収集できません。無限空間(空)にHeta Matエリアを設定すると正確なデータが収集できなくなります。

 

1ヵ月を可視化表示

24時間を可視をグラフ表示 1週間をグラフ表示
1ヵ月をグラフ表示 1年をグラフ表示

※本体内のRAMに保存できるデータ量には限界があります。microSDカードのご利用をお勧めします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ