製品情報 PoE NVR 【MSI-NPシリーズ】

PoE NVR 【MSI-NPシリーズ】

 PoE NVR
 
 MSI-NPシリーズ

仕様書   新IPシステム総合リーフレット   2020年1月発売

ラインナップ

・4-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP04-1
   ミニタイプ、HDD x1、PoE、P&P、HDMI、USB2.0 x2、コンパクト省電力消音設計
・4-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP09-1
   タワータイプ、HDD x1、PoE、P&P、HDMI、USB2.0 x2、コンパクト省電力消音設計
・8-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP08-2
   デスクトップタイプ、HDD x2、PoE、P&P、HDMI、VGA、USB2.0 x2、USB 3.0 x1、RCA音声出力
・16-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP16-2  お取り寄せ
   デスクトップタイプ、HDD x2、PoE、P&P、HDMI、VGA、USB2.0 x2、USB 3.0 x1、RCA音声出力
・16-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP16-4  お取り寄せ
   デスクトップタイプ、HDD x4、PoE、P&P、RAID、HDMI、VGA、USB2.0 x2、USB 3.0 x1
   RCA音声出力、RCA音声入力
・24-CH PoE内蔵 4K-NVR MSI-NP32-4  お取り寄せ
   デスクトップタイプ、HDD x4、PoE、P&P、RAID、HDMI、VGA、USB2.0 x2、USB 3.0 x1
   RCA音声出力、RCA音声入力

主な製品特徴

PoE/P&P
PoE NVR(MSI-NPシリーズ)では4/16/24CHの独立したPoEポートを備えており、1本のLANケーブルで映像/音声/PTZデータの転送はもちろん、カメラへの電力(電源)供給を行う。
またIPカメラ(H600シリーズ)を接続するだけで、接続情報の割当てからNVRへの登録を完全自動化!これまで難しくて面倒と言われてきたIPカメラのインストールが簡単になりました。
※PoE並びにP&P機能を有効にするには、IPカメラとNVRをそれぞれ直接1本のLANケーブルを100m以内で接続する必要があり、また途中にネットワーク機器(HUBやLANリピーター)などを入れる事は出来ません。
  

全モデル4K対応
PoE NVR(MSI-NPシリーズ)及びNVR(MSI-Pシリーズ)は全モデル4K(8.0MP 3840 x 2160@30fps)に対応まったく新しいスムーズなインターフェイスを導入している為、4Kカメラのリアルタイムなライブ映像と録画映像を超高解像度で提供

 

デュアルストリーム録画対応
デュアルストリーム機能により、プライマリストリームとセカンダリストリームの2CH録画に対応

 

多彩なインターフェース
MSI-NP04-1/09-1及びMSI-N04-1/09-1は、省スペース設計にもかかわらずHDMIポート、USB 2.0ポート x2、PoEポート (MSI-NP04-1/09-1) x4、LANポート、電源ジャック、電源スイッチを搭載。背面パネルと底面パネルの通気孔と連携して、インテリジェントファンがエアフローを駆動し、優れた冷却性能を提供。コンポーネントを強力に保護。パネルを一体化したアルミニウムシャーシーにより、熱放散の効果が向上

 

1個当り、最大10TBの内蔵ストレージに対応
録画データ保存用ストレージとして、SATAインターフェイスにより、1台最大10TBの3.5インチハードディスクを搭載。
※ハードディスクは2TB/4TB/6TBは通常在庫しておりますが、ご注文のタイミングによっては8TB/10TBはお取り寄せになる場合があります

 

RAID対応モデル 【対応機種:MSI-NP16-4/NP32-4】
RAID(Redundant Array of Independent Disks)は、ハードディスクを論理ユニットとして組み合わせ、冗長性とデータの書き込み及び読み取りの高速化を実現する方式で、本機ではRAIDレベル(0 / 1 / 5 / 6 /10)に対応。データ保護とストレージスペースに関するユーザーの正確なプロジェクト要件に従って構成でき、信頼性が高く、高い 可用性ストレージを提供。
※RAIDフォーマット(RAIDストレージ構築)及び設定は、実際の設置条件、使用条件、使用用途に合わせ、RAIDに関する一般的な知識と技術を持ち合わせた設置技術担当またはお客様ご自身で行って頂く必要がございます。
弊社では出荷時のRAID設定はトラブル防止の為、一切行っておりません。

 

画像分析(VCA)
10種類の検出モードを備えたビデオコンテンツ分析(VCA)は、VCA対応のネットワークカメラから送られて来る高解像度/高画質の映像に対し高度なスマートビデオ分析を提供。
IPカメラの高度で正確な包括的な監視機能とさまざまな監視シーンへの迅速な対応が可能。
VCAを利用する事でイベントを検知するスケジュールを組みストレージへ静止画または動画、または両方の保存、FTPアップロード、メール送信(静止画添付)、HTTP通知を設定。1日3通りの時間を指定。
※VCA機能の動作にはカメラの設置及び被写体条件、 本機の詳細なカメラとCVA設定が必要となり、またモーション検知機能による画像分析の為、絶対的な効果と結果をお約束するものではありません。
動作には一定の条件が伴います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ