時刻サーバーアドレス変更のご案内

時刻サーバーアドレス変更のご案内

時刻サーバーアドレス変更のご案内

平成29年1月5日

有限会社インターラック

技術部

 

平成20年頃より弊社が独自で試験運用し、希望されるお客様へは一定の条件の下で無料でご利用頂いております、特定のデジタルビデオレコーダー(DVR)に対しての時刻サーバーサービスですがこの度、サーバーを設置している施設で利用する通信回線の契約通信事業者側提供サービス停止(終了)に伴う新サービス移行並びに、それに伴うISP契約内容変更により、接続先(IPアドレス)が平成29年1月18日(水)15時以降より変更となります。

 

大変急な変更で申し訳ございませんが、現在以下の対象となる特定DVRで、弊社の時刻サーバーを接続先「183.77.125.113」として設定されておりますお客様はご面倒ではございますが、新しい接続先への変更をお願いいたします。
但し以下の対象となる特定DVRであっても全てが対象となるわけではございません。以下の4つに該当する場合に限ります。

 

     @ 以下の対象のDVRである
     A DVRがインターネットに接続されている
     B [設定] → [システム] → [日時設定] → [時刻同期]が“ON”になっている
     C [時刻サーバー]欄に“183.77.125.113”と入力されている

 

尚この設定はDVR設置後、現場にて利用者(お客様)または販売店及び工事担当者が設定した内容であって、初期設定ではございません。

 

注意
平成29年1月18日(水)15時以降、新接続先へ設定変更せず旧接続先(現在の接続先“183.77.125.113”)のまま放置しますと、次第に時刻がずれ、そのまま実際とは異なる日時の状態で映像が保存されたり、その後の再起動によって急速な時計のズレが発生するなどの不具合が生じます、自動で訂正される事は無く、定期的に手動での時刻合わせ作業が必要になります。
対象DVR以外で新時刻サーバーにアクセスしても時刻同期は行われません。対象DVR以外で時刻同期を行う場合は、公的又は一般公開されているインターネット上のNTPサーバーをご利用下さい。
対象DVR以外に新時刻サーバーアドレスを設定し運用しますと、次第に時刻がずれ、そのまま実際とは異なる日時の状態で映像が保存されたり、その後の再起動によって急速な時計のズレが発生するなどの不具合が生じます、自動で訂正される事は無く、定期的に手動での時刻合わせ作業が必要になります。

 

■対象となるDVR
     PDR-S2Kシリーズ:PDR-S2004 / PDR-S2008 / PDR-S2016
     PDR-XM3Kシリーズ:PDR-XM3004 / PDR-XM3008 / PDR-XM3016

 

■新接続先(IPアドレス) 平成29年1月18日(水)15時〜

218.219.199.193

 

尚この時刻サーバーは弊社の技術試験用の為、当時弊社の対象DVRをお買い求め頂きましたお客様で、一定の条件にご同意頂けた方のみに現在でも無料提供させて頂いているサービスの一つです。
今後、技術的及び運用費用問題で無料運用が困難になった場合、提供を停止(廃止)する場合があります。ご理解ご了承下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ